【知っておこう】インプラント治療をするときの注意点を紹介

医者

手術による歯並び矯正

口元

手術で歯の矯正をするには

歯並びを治すための歯列矯正には様々な方法があります。外科手術による矯正もその一つです。外科手術が行われるのは、歯列矯正の目的だけではなく、顎の骨自体にも問題がある顎変形症などの場合です。例えば、上顎が出ている状態(出っ歯)や下顎がでている状態(顎がしゃくれている)です。このような場合は、歯並びの見た目の問題だけではなく、咬み合わせや関節の痛みなどの不調を合併していることも多いため、骨格的な治療が必要となります。外科手術を受ける場合は、条件により保険が適応となります。外科手術による歯列矯正は、まず術前矯正から始まります。術前矯正は矯正歯科医院で行われ、期間は半年から2年ほどです。外科手術を受けられる状態にするために重要なプロセスです。次に病院の歯科口腔外科で外科手術を全身麻酔で行います。入院の期間は術式によって異なりますが約2週間前後となっています。術前には歯科専用のパノラマレントゲンやCT等で詳しく検査を行い、手術のシミュレーションをします。また、手術中の出血に備えて、あらかじめ自分の血液を採取しておく自己血輸血の準備などをします。外科手術では、顎の骨の状態に応じて、上顎、下顎、あるいは上下顎両方の骨を切り、分断したうえで、理想的な位置に移動して固定をします。プレート等でオトガイ部分の形成を同時に行う場合もあります。術後はワイヤー等で固定されており、手術直後は、流動食や場合によっては鼻から入れた管で栄養を摂る必要があります。退院後は、再び矯正歯科に通院しながら術後矯正を行っていきます。期間は6か月から1年ほどです。さらに、保定装置を使って、咬み合わせ等が元に戻らないようにします。最後に外科手術で埋め込んであるプレート等を取り出す手術をする場合もあります。このような流れで外科手術による歯列矯正が行われます。自分の症状やニーズに合わせて治療方法を選択することが大切です。